ニキビ跡を治す方法

ニキビ跡を治すために必要なコト

ニキビ跡が出来てしまった時、ニキビよりも治りづらいし、目立つ場合もあるから「どうしよう...」と
焦ってしまいませんか?そんな時、どんなニキビ跡を治す方法をとればいいんでしょう。

 

まず、ご自分に出来ているニキビ跡を、よく見てください。
赤みがあるニキビ跡なら、それはニキビが肌の中で炎症を起こし、それによってニキビの周りの
肌がうっ血してしまってい、赤みが出てしまうんです。

 

このニキビ跡を治す方法としては、まず「炎症を抑える」事です。
炎症が鎮まると、肌のうっ血も治まってくるので、赤みもひいてきます。
ニキビ跡の中では、この赤みのあるニキビ跡は治りやすいニキビ跡といわれているので、
見つけたら早急に対応してくださいね。

次にシミのようになっているニキビ跡。これは色素沈着が原因です。
色素沈着が起きる原因は、シミが出来るのと同じように紫外線を浴びて、メラニン色素が発生した
からというのもありますが、実はニキビの炎症から肌を守る為にもメラニン色素は発生してしまい
これが時間が経つと茶色くなっていき、色素沈着が原因の茶色っぽいニキビ跡ができるんです。
このニキビ跡の対応に効果的なのは、メラニン色素の生成を抑える事なので、それに効果の
あるビタミンCやフラーレンという美容成分が配合されているもので、メラニン色素を肌の外へ
出していきましょう。

 

そして「クレーター」と呼ばれているデコボコとしたニキビ跡。

 

これはニキビによる炎症が酷くなった事が原因です。このニキビ跡が出来るほど、炎症が酷く
なると、毛穴や肌の表面だけでなく、肌の弾力を保っている真皮層という一番下の部分にまで
影響が及んでいます。
真皮層にはエラスチンやコラーゲンという線維があり、これが肌の弾力を保ったり、支えたり
しているのですが、炎症によってエラスチンやコラーゲンが壊されると、肌がへこんでしまい、
デコボコとしたニキビ跡を作ってしまうんです。
このニキビ跡には、まずコラーゲンやエラスチンの生成を促して、肌機能を回復させるのが
先決となるので、コラーゲンが配合されていたり、肌のターンオーバーを助ける働きがある
ビタミンC等が入っているものを使ってケアしていきましょう。

 

ニキビ跡を治す方法は自分の肌の状態にあった適切なケアをするのが大切ですね。

 

ニキビ跡が出来ると「治らないんじゃないか?」、「このまま、ずっと残ってしまうんじゃないか?」と
不安になりますが、このようにニキビ跡の状態によって方法はあるので、焦らずに、だけど早急に
対応して、改善したり、治したりしていきましょうね

色素沈着について

カミソリや毛抜きなどの自己処理で脱毛を行っていると、肌ダメージが大きいのでどうしても色素沈着が起ってしまいます。

 

この色素沈着というのは、毛穴部分が赤くもしくは黒ずんでしまって、毛穴がボツボツした状態になってしまうことです。

 

この色素沈着が起こる原因として考えられるのは、ワックスやカミソリなどを使った脱毛を行った場合や紫外線を長く浴びた時に起ってきます。

 

肌ダメージによって、肌自体が自分で守ろうとするために皮膚の角質を厚くすることで起ってきます。

 

色素沈着は肌の黒ずみでとても頑固なシミを作ってしまいますので、簡単にはケアすることができなくなってきます。

 

 

速くこの色素沈着をケアしたいと言われる場合ですが、費用はかかりますが、美容クリニックでレーザー治療やピーリングの施術をおススメします。

 

また、自分で時間をかけてケアする際には、まず基本となります肌周期をしっかり行わせて美白効果の高い化粧品を使ってケアしていきましょう。

 

ビタミンC誘導体などが配合された化粧品がおススメです。
またサプリなどでビタミンCを摂取するのもいいかと思います。

 

 

 

また、同じムダ毛処理をしていては、色素沈着は治りません。色素沈着を避けるためにも、基本的なあなたのムダ毛処理のやり方を見直すことが必要だと思いますよ。

 

 

脱毛サロンを利用するのではなく、あくまで自己処理でケアしていくとお考えなら、肌に優しいフラッシュ形式の家庭用脱毛器をおススメします。

 

最近の家庭用脱毛器はとても高性能で脱毛サロン並みの脱毛が手軽に自宅で行うことができますよ。

 

バストアップマシュマロビーアップ